ステップ3サックスパートを入力する|Domino使い方

サックスパートを入力します。
通常入力はステップ1,2で覚えたかと思いますので、ここでは

  • コピー
  • 全体の移動

を学びたいと思います。

このページでの内容曲 音が出ます

作成図 クリックすると拡大します


  1. トラックに名前を付ける
  2. まずは、いつも通り、トラックに名前を付けます
    前回、前々回は”カレントトラック”の[▼]をクリックし変更を行いましたが、新しい方法でトラックに名前を付けていきます
    [トラックのプロパティ]をクリックします

    【トラックのプロパティ】ウィンドウが立ち上がりますので”編集対象”項目の[A3]をクリックします

    ”トラック名”に[Sax]と入力し[OK]をクリックします

    カレントラックが”A3 Sax (Piano1)”に名前が変更されました

  3. 譜面のコピーを行う
  4. ステップ1で作成した譜面をコピーし、A3 Sax (Piano1)にペーストします
    カレントトラックの”A1 Vocal (Piano1)”を選択クリックします

    キーボードの”ctrl”キーと”A”キーを同時に押します
    すると、譜面とイベントの項目が黒くなります

    続けてキーボードの”Ctrl”キーと”C”キーを同時に押します
    次にカレントトラックの”A3 Sax (Piano1)”を選択クリックします

    曲の先頭ボタンをクリックします

    キーボードの”Ctrl”キーと”V”キーを同時に押します
    すると、A1 Vocal (Piano1)”の譜面全てが”A3 Sax (Piano1)”にコピーされます

  5. 長さの修正等を行う
  6. コピーした譜面の修正を行っていきます
    下図のように長さの修正を行ってください

    クリックすると拡大されます

  7. 全体を移動する
  8. 現在2線から始まっています。これを8線から始めるように全体を移動します
    画面右下の[-]ボタンをクリックし譜面全体が見えるようにします

    選択ツールをクリックします

    譜面全体を囲むようにしてドラックし、選択します

    選択範囲でドロップすると、囲まれた範囲の譜面が黒に変わります

    選択されたまま、ドラックすると、全体の移動が可能になりますので、現在の位置から右へ移動します。

    どこまで移動するかというと最初の譜面が7線のところにくるまで移動します

  9. 音色をサックスに変更します
  10. イベント欄にある[PC:piano1]をクリックします。
    2か所ありますので二つともサックスに変更してください

    【プログラムチェンジイベントのプロパティ】のウィンドウが開きますので
    [065-072リード]-[066Alto Sax]をクリックし[OK]をクリックします

以上でサックスパートの完了です
お疲れ様でした

ステップ4ドラム入力

ステップ4ではドラムの入力について説明します。
既にドラムを演奏したことのあるバンドマンだと譜面の読み方は完璧♪
でも、このページも音楽初心者に合わせて説明して行ければと思っていますので、卓越したドラマーの方もお付き合いください
続きを読む

ステップ2コーラスを入力する

ステップ2として音符の入力方法の応用についての基本を学びます。
入力方法について少し詳しく説明し、また、音色の変更、ソロ再生も合わせて説明しています
続きを読む