ステップ6ベースをキーボードから入力する|Domino使い方

直接譜面を入力するノート入力は今まで説明してきましたので、ここでは、マウス中心ではなくキーボード中心による入力方法について説明します。
少々面倒ですが、譜面を読める人にとってこちらが楽な事もあります
操作を知る上で「こういった方法でも入力できる」という豆知識を知っていただければと思います。

このページでの内容曲 音が出ます

作成図 クリックすると拡大します
  1. トラックの設定と名前を付ける
  2. [トラックプロパティ]をクリックします

    【トラックのプロパティ】ウィンドウが開きます
    ”編集対象”項目を[A5]にします

    ”トラック名”の項目を[Bass]と入力し、[OK]をクリックします

    カレントトラックの項目が”A5 Bass(Piano 1)”に変更されます

  3. イベントリストを表示させます

  4. 初期設定ではイベントリストを表示されていますが、もし、表示がされていない場合[イベントリストペインの表示切替]をクリックし表示させます

  5. [End Of Track]をクリックします
  6. キーボードの[Enter]キーを押します
  7. キーボードの[Enter]キーを押すと、イベントリストペインに音符が入力されます

    数字、値は異なるかと思いますが、音符が入力されたことを確認できれば大丈夫です

  8. 入力された音符をクリックします
  9. 2 0 240 c2 240 100 と入力します
  10. 下図のように[2 0 240 c2 240 100]と入力します
    c2の横にある[36]は入力しなくて大丈夫です

  11. 音符が入力されたことを確認
  12. 再度[End Of Track]をクリックします
  13. キーボードの[Enter]キーを押します
  14. キーボードの[Enter]キーを押すと、新たに音符が入力されます

  15. 再度[End Of Track]をクリックし、キーボードの[Enter]キーを押します
  16. 3つ目が入力されます

  17. 次の音符を入力する
  18. [End Of Track]をクリックし、キーボードの[Enter]キーを押します
    [2 720 240 D♯2 240 100]と修正します

  19. 以下イベントリストペインを入力していきます
  20. 下図をご覧いただき、イベントリストペインを入力していきます

    クリックすると拡大されます

  21. 音符が入力されたことを確認します
  22. スタート位置をずらす
  23. 現在、スタート位置を2線のところにしています。
    スタート位置を7線へ移動します
    [選択]をクリックします

    音符をドラックし選択します。
    選択すると譜面が黒くなります

    ドラックし、右へ移動し、スタート位置を7線まで持っていきます

ボリュームを大きくする

前回のページではVelocityからのボリューム変更を行いましたが、ここでは、イベントリストペインからの変更をご説明します
入力された譜面を全て選択します
譜面が黒くなると同時にイベントリストペインも黒くなります

イベントリストペインにマウスを持っていき右クリックをし、[一括変更]をクリックします

【一括変更】のウィンドウが立ち上がります
Velocity/Valueの項目に[127]と入力し、[OK]をクリックします

(最大が127となります)
全てのVel/Valueの値が127にすべて変更されます

以上でイベントリストペインからの入力方法を終わります。
おつかれさまでした