Dominoの初期設定|これをしないと音が出ない

Dominoを立ち上げ「うぉっ、なんかすげっ」とちょっと感動し、「とりあえず触ってみるか…」と触ってみました。
「なんか青いやつが挿入されたぞ」

「きっと、音を鳴らすところだな♪」
そして
「ちょっと再生して聞いてみよう♪」
と思い「う~ん、どれだろう…上の再生ボタンかな?」
と下図のボタンを押してみました

すると、どうでしょう
「音でない??」
とりあえず、パソコンのスピーカーとかがミュートになっていないかを確認してみたりするものの、「音でない??」となります。

Dominoはまず、初期設定を行う必要があります。

Dominoの初期設定

Dominoの初期設定の方法

  1. 左上の[ファイル]-[環境設定]をクリックします
  2. 【環境設定】のウィンドウが開きますので[MIDI-OUT]を選択クリックし”A”の”MIDI-OUTデバイス”項目にある[(未指定)]をクリックします
  3. [Microsoft Gs Webtable Synth]を選択クリックします
  4. 隣にある”音源(音源定義ファイル)”項目にある[(未指定)]をクリックします
  5. [GSm (Micrsoft GS Webtable SW Synth)]を選択クリックします
  6. [OK]をクリックします
  7. 「音源(音源定義ファイル)が設定されました…」というメッセージウィンドウが開きます。[はい]をクリックします
  8. このとき「今すぐ新規作成しますか?」と書かれてある通り、初期設定を行う前に作成しているものは一度消えてしまいます。

  9. 左側のコマンド表示が色々と変わっていることを確認してください(下図)。

以上で初期設定が完了となります
これ以降は、音が出ますので、再生ボタンをクリックして確認してみてください